choro'sブログ

楽しく働くことを考えるブログ

トランプゲーム【ミリオンダウト】

 

f:id:svchoro:20170817092643j:plain

ウィキペディアより↓

ゲームの流れ[編集]

  1. 何らかの方法(じゃんけん、前回の勝者など)で最初の親を決める。
  2. 各プレイヤーにジョーカーを2枚含むデッキから伏せて7枚ずつ配り、手札とする。
  3. 親は、手札から任意の札を場に出す。その際、札は裏向きに出しても良いし、複数枚出しても良い。(複数枚出す際に一部または全部を裏向きに出すことも可能である。)続いて、順に他のプレイヤーも大富豪のルール(3が最弱で、4、5……K、A、2、ジョーカーの順に強くなる。場札より強いカードしか出せない。)に従って同様に札を出していく。裏向きに出す場合は、大富豪のルールに従う必要はないが、後述のダウトをされるリスクがある。もちろん、大富豪のルールに従った札を裏向きに出してもよい。なお、札を出せない、または出したくないときはパスをしても良い。
  4. あるプレイヤーの出した札に対して、他のプレイヤー全員がパスをした場合は、場札をすべて捨て札としてゲームから除外した上で、そのプレイヤーが親となって任意の札を出してゲームを続行する。
  5. 裏向きに出された札が大富豪のルールに従っていないと思われる場合、どのプレイヤーも「ダウト」を宣言することができる。(複数人が同時に宣言した場合、ダウトと同様に、先に宣言した人が宣言の権利を獲る。)「ダウト」が宣言された場合、宣言された札を開いて確認する。その結果に従いダウトと同様に手札の枚数が増えるペナルティが適用される。
    1. ダウトが成功した(大富豪のルールに従っていなかった)場合、ダウトを宣言したプレイヤーは、場札のすべてまたは一部を選んで、ダウトを宣言されたプレイヤーの手札に追加する。手札に追加されなかったカードは、捨て札となりゲームから排除される。
    2. ダウトが失敗した(大富豪のルールに従っていた)場合、上記とは逆に、ダウトを宣言されたプレイヤーは、場札のすべてまたは一部を選んで、ダウトを宣言したプレイヤーの手札に追加する。
  6. ダウトの成否に拘わらず、ダウトを宣言された次のプレイヤーが親となってゲームを続行する。
  7. 手札が11枚以上となったプレイヤーは、負けとしてゲームから脱落する。これをバーストと呼ぶ。
  8. 手札をすべて無くしたら勝ちである。

詳細ルール[編集]

  • 階段を採用する。
  • 革命を採用する。ただし、裏向きに出された場合はダウトされないか、ダウトが失敗することが条件である。
  • 8切り・11バックを採用する。ただし、当該カードが裏向きに出された場合は無効である。
  • 縛りはスート縛りのみ採用する。
  • 反則上がりはない。
  • ジョーカーは革命や11バックの状態であっても常に最強のカードとなる。また、他のカードと同時に出してワイルドカードとすることも可能である。
  • 場札に裏向きのカードが出ている場合、次に出すプレイヤーは裏向きの札については自分に都合よく解釈して良い。たとえば「スペード5・裏・裏」と出ている場合、「スペード567の階段」と解釈して「678の階段」を出しても、「5の3枚」と解釈して「7の3枚」を出しても良い。ただし、すべてのカードが裏の場合、そのカードはなかったものとして、さらに前に出されたカードに拘束される。例えば、Q→裏→裏と出されている場合は、K以上のカードでないと出すことはできない。
  • 一度パスをしたプレイヤーが、手番が一周して回ってきたときにカードを出すことは可能である。

得点計算[編集]

敗者(勝者以外全員)は、勝者がきまるごとに持っていた手札の枚数が失点となる。(バーストで負けた場合は11点の失点となる。)勝者は、敗者の失点の総和が得点となる。複数人でプレイする場合は、勝者またはバースト負けした者が現れるたびに、得点計算を行う。

複数人でプレイしている際にバースト負けが発生した場合は、バースト負けしたプレイヤーが、手札の枚数分だけ、残っているプレイヤー全員に点数を支払う。たとえば、6人でプレイしていて3人既に勝利しており、残り3人でプレイしているときに1人が12枚でバースト負けした場合は、バーストしたプレイヤーが残り2人に12点づつ支払う。

 

勝間勝代さんも愛好しているゲームです

いつもこのゲームをすると自分の生き方の癖を発見できるので大好きなゲーム(#^^#)

みんなに広めたいのでもう少しゲーム内容を分かりやすく表現したい!